現代日本の政治に感じていること

私は政治が好きな21歳です。
先日もまた某大臣による失言があり辞任されましたが閣僚の失言は各内閣において必ずと言っていいほどおきてしまっています。その度に本当に閣僚適任者なのか疑い閣僚が辞任して任命責任が果たされない事が度々にありますが、日本は他国のように民間人の閣僚起用が殆んどありません。閣僚待機組と言われる政治家の先生方が沢山いらっしゃるのは理解していますがこれからの日本の将来等を考えた時に本当にそれでいいのか考えさせられます。日本には優秀な民間人が沢山いるのだから起用すべきですし若い議員が起用される事によりその世代の人たちが政治に興味を持つ可能性も出てくるのではないでしょうか。
また選挙権が引き下げられましたがその世代に近い候補者がいなければ身近に感じることもなく投票率が上がるとも思えません。なので一層の事被選挙権も引き下げ年代に応じた供託金制度を新設するなど選挙の仕組みそのものを変える事により若い世代で政治の道を志している人たちが立候補しやすくなる環境づくりも求められてくるのではないでしょうか。
日本の政治は数で圧倒して法案を通す権力の横暴化してしまい世論からの信頼は無くなってきてしまっているこの時代だからこそ若い政治家がもっと多く出てこれるようにすれば明日の日本も明るくなると思います。
ヒアロディープパッチ 男 ほうれい線